拠点整備のための視察研修(10/2)

現在田麦山ではまちづくりの拠点整備を考える様々な取り組みを行っていますが、10月2日(日)、そのための視察研修に出かけました。
行ってきたのは柏崎市北条にある北条地区コミュニティ振興協議会が経営する「暖暖(だんだん)」というコミュニティ食堂と、十日町市真田にある旧真田小学校を改装した「絵本と木の実の美術館」です。

暖暖は中越沖地震後、買い物難民化している高齢者などを支援するために地域コミュニティが設けた食堂兼サロンで、女性たちが中心となって、その名の通り温かさに満ちたお惣菜や食事を提供しています。今回はそのコミ協の主事さんである戸田洋子さんに、その暖暖ができるまでの経緯や様々な裏話なども聞くことができました。
こうやってコミュニティ組織が地域住民のためにサービスを行う仕組みが具現化している場面を見ると、地方自治とは何かということが明確になり、向かうべき大きな方向が見えてきたような気がします。
お昼は写真に写っている豪華なお弁当形式のお食事をいただきました。この他にもつららなすの入ったお味噌汁やにんじんのゼリー、コーヒー、中川ナツ子さんの昔語りまでも付いていました(かなりの大サービスで〜す)。

その後はバスで十日町市に向かい、大地の芸術祭をきっかけにして生まれた絵本と木の実の美術館に行きました。
この美術館は絵本作家の田島征三さんが木造校舎を改装してつくったもので、廃校になる時に在校していた3人の子供たちを主役とした物語を、大規模な流木アートなどで表現しています。
中に入るとそこはもう夢の世界。田麦山の人たちの表情もみんな緩んでおり、田麦山の公民館(旧田麦山小学校)をどのように拠点化するかのいい参考になりました。
この美術館の解説をしてくれたのは、NPO法人越後妻有里山協働機構の若い女性で、彼女も学生の時にボランティアとして関わったことがきっかけになり、この集落に居を移して活動しているとのことでした。
またお話しを聞きながらコーヒーをいただいたHACHI-CAFEはとってもおしゃれなカフェで、私自身このHACHI-CAFEに来るのはこれで3度目になりますが、こんな空間があちこちにあればいいな〜と来る度に思っています。
皆さんもぜひどうぞ。

a0200769_11372066.jpg

a0200769_12135116.jpg

a0200769_1214395.jpg

a0200769_1214153.jpg

a0200769_12142445.jpg

a0200769_12143292.jpg

a0200769_12144342.jpg

[PR]
# by om-creation | 2011-10-03 11:39 | 視察研修&学習会

子どもたちの公民館改造計画が完成!

9月24日、朝から秋晴れのいいお天気の日。
大人たちが稲刈りに精を出している頃、
田麦山の子どもたちはは第2回目になる
子どもワークショップ「TANGYAMA未来想像大作戦」に参加してくれました。

前回の「お宝発掘ツアー」に参加してくれた子どもたちは、友だちも連れてきてくれました。
なんとリピーター率100%で、全部で13名の参加となりました。

今回は旧田麦山小学校の校舎(現公民館)の改造計画がテーマです。

まずは、みんなで輪になってゲームをして遊んだ後は、
学校中に隠した「宝物探し」や「クイズ」をやったりして旧田麦山小学校を探検しました!
a0200769_19114862.jpg

田麦山小学校に通っていたことがあるのは、わずか一人。
それ以外の12名の子どもたちは、初めて学校の隅々まで歩いて、見てまわりました。

自分の分身である石を学校に置き、足跡を残した後は、
a0200769_19318.jpg

「校舎がこんな風になればいいな」「校舎をこんな風に使えたらいいな」といった意見を
みんなに自由に出してもらいました。
a0200769_1932289.jpg

とくに大人に「子どもたちの意見」として採用してほしいというポイントを
みんなで6つにしぼりました。

1)学校や体育館にいつでも入れるようにしてほしい。
2)図書館でいつも楽しい本が読めるようにしたい。
3)体育館を地域の子どもや大人の描いた絵などの飾りでいっぱいにしたい。
4)学校全体を使って宝探しゲームをしたい。
5)毎週水曜日(or月に3回くらい)にカルタ大会をしたい。
6)教室を秘密基地にしたい。

子どもたちからは、
「公民館をどういうふうにしたいのか?考えるのが楽しかった。」
「田麦山小学校にこんなにいろいろなものがあるとは知らなかった」
という声をもらいました。

この子どもたちのアイデアや意見をふまえて、
次回は大人たちが公民館の拠点づくりワークショップをする予定です。

日時:10月5日(水)19:30〜
場所:田麦山公民館

ご参加お待ちしております!
[PR]
# by om-creation | 2011-09-27 19:13 | 定例会&ワークショップ

子どもたちが田麦山のお宝を発見!

9月3日(土)、台風によるフェーン現象のため暑い一日でしたが、田麦山の子どもたち9名が「TANGYAMA未来想像大作戦」に参加してくれました。
「TANGYAMA未来想像大作戦」とは、田麦山に住む子どもたちの夢と誇りを育むことと、子どもならではの豊かな想像力や視点で田麦山の未来を考えることが目的です。
今回は、ファーストステージとして“宝もの発掘ツアー”を行いました。「指令」をこなしながら、田麦山の宝物を発見していくまち歩きです。まずは、子どもと大人で、どこをまわるか作戦会議をしました。どうやっていくと早いか、面白そうか、子どもたちの表情は真剣です。
いよいよ出発。張り切って「指令」のポイントを探します。「指令」に応じて、清水の水を飲んだり、神社の神木の太さをはかったり、いろいろな挑戦をしていきました。

a0200769_14494361.jpg

a0200769_14501789.jpg
「こんなに大きくて太い木があるとは知らなかった」「田麦山にはおいしい水があって驚いた」と実感のともなう感想を楽しそうに話してくれました。
最後は、見つけてきた宝物を「宝の地図」にまとめます。真ん中に地図を書き、周りに見つけた写真を貼り、説明文を書き足していきます。夢中になりながら自分が見つけた田麦山の宝の地図をつくります。
最後は、発表会。「おいしい水」「たいようと水」「みんなで田麦山を歩くこと」「神社の木」みんなの宝ものが勢揃いです。

a0200769_14505849.jpg

次回は、田麦山のまちづくりの拠点となる、田麦山公民館の改造計画をみんなで考えます(^^)/9月24日(土)13:00〜17:00までの予定です。子どもからお年寄りまで、みんなの心が一つになるような交流拠点を目指して…。子どもたちからどんなアイデアが聞けるのか、今から楽しみです!
[PR]
# by om-creation | 2011-09-06 14:53 | 定例会&ワークショップ

子どもたちが田麦山のお宝を発見!

9月3日(土)、台風によるフェーン現象のため暑い一日でしたが、田麦山の子どもたち9名が「TANGYAMA未来想像大作戦」に参加してくれました。
「TANGYAMA未来想像大作戦」とは、田麦山に住む子どもたちの夢と誇りを育むことと、子どもならではの豊かな想像力や視点で田麦山の未来を考えることが目的です。
今回は、ファーストステージとして“宝もの発掘ツアー”を行いました。「指令」をこなしながら、田麦山の宝物を発見していくまち歩きです。まずは、子どもと大人で、どこをまわるか作戦会議をしました。どうやっていくと早いか、面白そうか、子どもたちの表情は真剣です。
いよいよ出発。張り切って「指令」のポイントを探します。「指令」に応じて、清水の水を飲んだり、神社の神木の太さをはかったり、いろいろな挑戦をしていきました。

a0200769_14494361.jpg
a0200769_14501789.jpg

「こんなに大きくて太い木があるとは知らなかった」「田麦山にはおいしい水があって驚いた」と実感のともなう感想を楽しそうに話してくれました。
最後は、見つけてきた宝物を「宝の地図」にまとめます。真ん中に地図を書き、周りに見つけた写真を貼り、説明文を書き足していきます。夢中になりながら自分が見つけた田麦山の宝の地図をつくります。
最後は、発表会。「おいしい水」「たいようと水」「みんなで田麦山を歩くこと」「神社の木」みんなの宝ものが勢揃いです。

a0200769_14505849.jpg


次回は、田麦山のまちづくりの拠点となる、田麦山公民館の改造計画をみんなで考えます(^^)/9月24日(土)13:00〜17:00までの予定です。子どもからお年寄りまで、みんなの心が一つになるような交流拠点を目指して…。子どもたちからどんなアイデアが聞けるのか、今から楽しみです!
[PR]
# by om-creation | 2011-09-06 14:52 | 定例会&ワークショップ

あたりまえの価値を活かす方法ってすごい!田麦山プロジェクト通信6号

a0200769_9123441.jpg
田麦山の復興デザイン策定。3つの資源調査班が中間報告を行い、さてさてそれらをどう活かすかというステージに突入し始めました。7月11日に開催された田麦山学習会「地域資源の活かし方」は、まさにそのスタート!結城登美雄さんのお話は、参加者の心をぐっとつかんではなさない内容でした。山村を足で知り尽くした結城登美雄さんの「これやったらいいよね〜」の提案に田麦山の人たちは笑顔になっているではありませんか。ここから何かが始まること間違いありません。田麦山プロジェクト通信第6号をお届けします。
ダウンロードはこちらから
[PR]
# by om-creation | 2011-07-20 09:10 | 田麦山プロジェクト通信