<< 「地域資源の活かし方」学習会のご案内 雨の中の田麦山トレッキング >>

資源調査のためのまちあるきワークショップ

6月4日(土)に資源調査を目的とした田麦山まちあるきワークショップを行いました。
天気は快晴。地域外からはまちづくりの関係者や大学生も多く参加してくれて本当に楽しい、美味しい一日を過ごすことができました。

この時期の農村はとても美しいものです。青く澄みきった空や、眩しいくらいの新緑が田んぼに張られた水に映し出され、奥行き感のある風景をつくり出しています。
歩いたコースは全部で4コース。
私はその中の「大形・前原コース」を歩きましたが、その時の様子は下の写真でご覧下さい。ここにはほんのちょっとしかアップしていませんが、見事な姿で残っている茅葺きの家や、中越地震の様々な痕跡などもあちこちで見受けられました。
いい風景に出会ったら、「私の夢」を書いた紙を出して、写真にパチリ。これは後で一枚ずつパネル化する予定です。

お昼は「もてなし処」の方々が美味しい昼食を用意して下さっていた上に、「たんぎゃまキッチン」という家庭料理を一品持ち寄る食資源調査が行われ、とても食べきれないくらいのお料理がずらりと並びました。これには参加者もびっくり。田麦山のお母さんたちに感謝していました。

午後からはまちあるきのまとめ作業を各グループ単位で行いました。
まちあるきの際に記入した宝物発見シートを基に、それぞれのコースで見つけたもの、感じたことなどを、写真を切り貼りしながら自由な表現でまとめていただきました。

こういったまちあるきは、地域づくり・まちづくりにおいては定番になりましたが、その効果は計り知れないものがあります。特に今回のように資源調査という視点を明確にして歩くと、野鳥の鳴き声や、道端に咲く花、小川のせせらぎまでもがいつもとは違った表情を見せてくれます。
とにかくこの田麦山は五感をフルに刺激してくれるという点においては、群を抜いて素敵な地域だと感じました。
参加して下さった皆さん、お手伝い下さった方々、本当にありがとうございました。
これを機に田麦山ファンがまたまた増えていくのではないかと感じています。〈大滝〉


a0200769_21193143.jpg
a0200769_21192278.jpg
a0200769_21185786.jpg
a0200769_2118359.jpg
a0200769_21182827.jpg
a0200769_2118138.jpg
a0200769_2118396.jpg

[PR]
by om-creation | 2011-06-05 22:01 | イベント
<< 「地域資源の活かし方」学習会のご案内 雨の中の田麦山トレッキング >>